MARKETING
ショッパブルビデオが動画マーケティングの未来を担う?
〜2021年のマーケティングの新トレンド〜

ショッパブルビデオはもはやエンターテインメント!

今や、2021年の動画マーケティングのトレンドを掴むために押さえておかなければならないことは、「かっこよく」あることです。なぜなら、見ている人は、動画をエンターテインメントとして捉え、その上でいいなと思ったものに購買意欲をそそられるからです。

私たちの周りに溢れるTV広告、中吊り広告、雑誌など、面白いものばかりですよね?それだけ、クリエイターの皆さんが工夫を凝らして、見ている人の心を動かして購買(経済活動)に繋げている証拠です。そして、それは今後目にする動画すべてがそうなっていくと予想されます。

曖昧になっていく「広告」と「エンターテインメント」

企業とクリエイターが力によって、だんだんと、広告とエンターテインメントの境目が曖昧になってきています。そのような視聴から流れるように購買へと誘導できる広告によって、商品の印象を強く残すことができるものです。

ショッパブルビデオこそ、購買とエンターテインメントの境目をなくすのに最適なツールだと言えます。

例えば、野球選手の「 18m先から自販機でコーラを買ってみた!!」のような企画があった時、視聴者はその選手が使用している、ウェアや道具の購入を検討します。そのような視聴者の心理に合わせて、動画から直接、

・商品レビュー
・商品の詳細情報
・購入方法

のようなものにリンクさせます。

ショッパブルビデオはどこで配信すべきか?

近年、SNS上で映像を閲覧する人の数が増えています。FacebookやInstagram はネイティブ広告といって、一般の投稿と見分けがつきにくい広告を配信することが可能です。もちろん、世界最大の動画プラットフォームであるYoutubeでもショッパブルビデオが配信できる仕組みになっています。

そして、あらゆるプラットフォームで、広告の視聴数や購買につながった割合(エンゲージメント、コンバージョンなど)が確認できるようになっており、効果測定も可能です。

まとめ

エンターテインメントのような広告によって、視聴者に強いインパクトを残すことができる

ショッパブルビデオは見た人を購買に促すのに適したツールである。

ショッパブルビデオはYoutubeやSNSで配信するのが良い

商品の購買に限らず良い広告というのは、「エンターテインメント」として成立していることが多々あります。見ている人に強い印象を残すことで、サービスのことも同時に記憶に残せます。動画広告を制作するときは、気をつけてみるといいかもしれません!


ADBENTOBOY PV
『ボクらの手で。』

ADBENTOBOYへのお問い合わせ

映像制作・デザイン制作のお問い合わせ、取材、採用、サービスに関するご相談はこちらよりご相談ください。


© Copyright 2020 ADBENTOBOY Inc.
- All Rights Reserved